医薬品としても利用をされているコエンザイムQ10について
メインイメージ

医薬品としても利用をされているコエンザイムQ10について

『うっ血性心不全』という病気を皆さんはご存知でしょうか。
この病気は、心臓の血液を送り出すポンプ機能が低下をしてしまうことにより発症をします。
様々な原因で心臓の機能が低下をしてしまうと、体の末端まで十分に血液が送り出されなくなります。
そして、心臓の左心室の機能が低下をすると、肺に血液が蓄積をされてしまいますので、症状としては『呼吸困難』を伴うこととなります。
また、心臓の右心室の機能が低下をしてしまうと、全身を巡った血液が心臓に戻りづらくなってしまいますので、胃腸や肝臓などの各種臓器に血液が蓄積をされてしまいますので、症状としては足などに『むくみ』が現れるようになります。
この病気を発症するのは主に中高年以降の世代が多く見られます。
原因としては、高血圧や心臓弁膜症や心筋症などの病気が、長期に続いてしまうと、心臓への負担が大きくなり、心臓が機能低下を起こしてしまうのです。
この病気は重症の場合、心停止を引き起こしてしまう可能性もありますので、緊急に治療が必要となります。
このように『うっ血性心不全』は危険な病気となりますが、この病気の医薬品として利用をされているものが、昨今、サプリメントとしても有名な『コエンザイムQ10』という物質になります。


『コエンザイムQ10』とは現在では、栄養補助食品やサプリメントとして広く利用をされているものになりますので、名前を聞いたことがあるという方も多いことでしょう。
この物質の効能は、『酵素』という体内の栄養素を人間が生きていくためのエネルギーに変換をする物質に対して、その働きを大いに助け、より効率的にエネルギーを生成できるようにする効能があります。
それ以外にも『抗酸化作用』と言って、細胞が酸化をして機能が低下をしてしまう状況を防ぐような効能も持ち合わせています。
そして、この物質はサプリメントとしてだけではなく、医薬品としても利用をされており、薬品名は『ノイキノン』と呼ばれています。
この『ノイキノン』を服用すると、主に心臓の機能に作用をして、心臓での酵素の利用効率が向上しますので、よりエネルギーが生成されるようになり、心筋機能が改善をされます。
それにより、血液の循環も改善をされますので、『うっ血性心不全』の医薬品として利用をされているのです。
このように『コエンザイムQ10』の効果はとても優れたものとなりますので、一般的なサプリメントとして健康面や美容面に効果を発揮するだけでなく。医薬品として重篤な患者の病状を改善するためにも利用をされているのです。

こちらhttp://xn--vckl3i8c.ws/index.htmlのセサミンも抗酸化作用持っており、若さを保ってくれます。
他にもアンチエイジング効果など、美容にも良いので女性の方にもおすすめです。

トップに戻る