コエンザイムQ10のサプリメントを比較する際のポイント
メインイメージ

コエンザイムQ10のサプリメントを比較する際のポイント

コエンザイムQ10は、体の細胞のいたるところで働き、細胞の酸化を防いだり細胞の損傷を修復するのに役立つ成分です。
牛肉などの食品からも摂取することができますが、食品にも含まれる量は微量ですので、効果が期待できる量を一日に摂取する事は、不可能に近いほど難しいことなのです。
このような成分は、毎日摂取することが肝心ですから、普段の食事ではなかなか補えない成分は、サプリメントで摂取する事がおすすめです。
コエンザイムQ10がサプリメントに配合されるようになったのは、それほど昔のことではなくつい最近のことです。
しかし、様々な素晴らしい効果があることから、一躍サプリメント業界で売り上げをのばし、需要もあがったために、たくさんの製品が発売されるようになったのです。
ただ、抗酸化作用や細胞のエネルギーの生産を活発するなどの効果は素晴らしいのですが、水分に溶けにくく吸収されにくいという欠点もあります。
どんなに優れた成分であっても、体内に吸収されなければ意味がありませんから、どんなサプリメントを選ぶかは重要なことです。
ですから、体に吸収されやすくそしてきちんと働くものを、数ある製品の中から比較して購入する必要があるのです。


では、どの点を比較して製品を選ぶと良いのかというと、どんな製造法で作られているのかということです。
まず、コエンザイムQ10は発酵法と合成法の二つから得ることが出来ます。
発酵法というのは、牛肉やブロッコリーなど、自然界にある天然の食物と近いトランス体という構造のものを得ることが出来ます。
これは、特定の微生物を純粋培養し、微生物の体内で生成されたものを抽出されます。
一方、合成法とはタバコの葉などから抽出される物質をカルボン酸の一つである没食子酸などと反応させて合成して作られます。
この、合成法で得られるものは、シス体という構造をしています。
発酵法は、製造過程において時間がかかることもあり、コストは合成法よりも少し高いですが、天然のものに近い分吸収率が高いと言われています。
また、製造方法以外にも注意したいことは、酸化型か還元型かということです。
酸化型は体内に入ったあと小腸で吸収され還元型に変化しなければ体内で働きません。
還元型は、その変化の過程なしで体内で働くことが出来るのです。
ですから、コエンザイムQ10は、値段だけではなく、製造法や還元型か酸化型かどうかを見極めて選択すると十分に成分の力を発揮出来るのです。

健康食品としてはこちらhttp://xn--a-kb9b083j.com/の青汁もかなりおすすめです。
栄養バランスがよく、1杯で1日分の野菜が摂取できたりとお手軽さも魅力の1つです。
最近の青汁は味にもこだわっていて、飲みやすく毎日続けやすいです。
ぜひ、一度試してみてください。

トップに戻る